2018/02/06

FX投資の利益を上げる仕組みと注意点

FXとは?

FXとは、「Foreign eXchange」の略称です。 「Foreign」は「外国の」という意味で、 「eXchange」は「為替」という意味があります。つまり「Foreign eXchange」は「外国為替」という意味があり、FXは証券会社などに保証金を預け外国為替の取引を行う金融商品の事です。


同じような金融商品に、株や債券などがあります。FXの利益の仕組みは、刻々と変動する為替相場の安い時に買い、高い時に売るか、高い時に売りから入り、安くなったら買い戻すことで為替差益を得ることが出来ます。この為替差益のような利益の事を「キャピタルゲイン」といいます。
FXでは、保有する通貨によって金利を受け取ることで利益を上げることが出来ます。このFXのスワップ金利のような利益を「インカムゲイン」といいます。FXは「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」両面から利益が期待できます。

 

キャピタルゲインとインカムゲイン

「キャピタルゲイン」(売買差益)とは、保有している金融資産そのものの価格が変動することで生じる利益のことをいいます。FXの場合、外国為替の為替相場の変動で利益を目指すことになります。基本的には外国為替が安い時に買い、買った外国為替が高くなったら売るというのがFXで利益を上げる基本的な方法となります。
インカムゲイン(利子収入)とは、金融資産を保有することで生じる利益のことをいいます。株の場合の配当金やFXの場合の金利(スワップ)、不動産の賃貸収入などがこれに該当します。インカムゲインの場合確実に一定の利益を上げられるので、利益の計算が立てやすいことがメリットです。
インカムゲインの場合は基本長期保有を目的に資産を保有するといいでしょう。FXでのスワップ金利(インカムゲイン)で大きな利益を上げるのは難しいので、大きな利益を狙いたい方は売買差益での利益を目指すことが良いでしょう。

 

キャピタルゲインとインカムゲインのメリットとデメリット

キャピタルゲインのメリットは、インカムゲインに比べて得られる利益が大きく、株の短期売買やFXでの為替取引で大きな利益を上げているのはそのためです。しかし、大きな利益を得られる可能性がある分、失敗したときの損失も大きくなってしまいます。そのため、キャピタルゲインはハイリスクハイリターンの取引といえます。
それに対し、インカムゲインのメリットは安定性と確実性です。配当金や株主優待にしても不動産の賃貸収入にしても安定的に収入を得ることが出来ます。しかしデメリットとして一度に大きな利益を得る事は難しく、基本的に期的な観点で計画的な運用をしていくものとなります。
安定性と確実性は高いことは間違いないのですがリスクがないわけではなく、元本割れの可能性もあり、しっかりした運用計画が必要になります。キャピタルゲイン、インカムゲインどちらで利益を上げるにも、簡単な事ではありません。

 

初心者の方がFX(外国為替取引)取引を行う際の注意点

取引通貨量の違いを知らなければいけません。この取引通貨量の違いを知ることは非常に重要です。特に初心者の方などの場合、何となくわかってはいるけれど・・・はっきりとよくわからないという方が多いようです。
この取引通貨量の違いとはどういうことなのか、10000通貨取引と1000通貨取引で比較してみましょう。
FXの為替相場はものの数分~数十分で1円近くレートが変動することも珍しくはありません。そういった場合特に初心者の方などは、慣れていないという点も考慮し取引通貨量を抑えることをおすすめします。
10000通貨取引で±1円のレート変動があった場合±10000円の損益
1000通貨取引で±1円のレート変動があった場合±1000円の損益
となります。この二つを比べていただければお分かりいただけると思いますが、10000通貨取引のほうが利益が上がった時も、損失が出てしまった時の金額は大きくなっています。このようにFXにおいて、取引通貨の金額が大きくなればなるほどリスクもリターンも大きくなるのです。
順調に利益を上げられているFX取引のベテランの方などは良いのですが、FXを始めたばかりの初心者の方などは取引通貨量を抑えることが賢明です。順調に利益も上がり、自己資金が増えてきたら段階的に取引通貨量を増やしていくのが良いのではないでしょうか。

 

様々な通貨を選び取引が出来る

FXは米ドルやヨーロッパのユーロなど様々な通貨の取引を行うことが出来ます。通貨によってリスクやリターンの大きさが変わり、チャートを読む難しさも変わります。大きな利益を上げたいと誰もが考えると思いますが、そこには大きな危険性があるという事も忘れてはいけません。
FXを始めるのであれば、米ドルやユーロなどの主要通貨で始めるのが無難です。ただでさえ難しいとされるFX取引なのですから、これから始めるのであれば情報の多い主要通貨で始めましょう。それでも利益を上げるのは容易な事ではありません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。