2018/02/20 最終更新日:2019/11/13

長期的な資産形成とドルコスト平均法

資産形成が必要不可欠な理由

日本社会の未来はいったいどのようなものになるのでしょうか?
バブルが崩壊し失われた20年という、長く暗いトンネルから日本は脱出できているのでしょうか?


安倍総理の経済政策アベノミクスも、声高に「日本の隅々まで景気回復の実感を届ける」とは言ったものの、その実感を得られている人はどの位いるでしょう。
わかりやすく効果が出たのは、株価が上がったくらいです。
株式投資をやっていない一般市民はどこで実感を得ればよいのでしょうか。
少子高齢化により、年金財政に不安を持つ方が増えています。
現在の年金制度というのは、現役世代が納めた保険料が、高齢者の年金として支給される仕組みになっており、このバランスが著しく崩れようとしています。
その結果将来的に現在よりも年金支給額が減ってしまうなどの不安を持っている方も多いです。
2011年度から人口は減り続けており、少子高齢化の解決の目途は全く立っていません。
誰かがやってくれるだろう、そのうち良くなるだろうという待ちの姿勢では改善されません。
自身で行動を起こし、自ら資産を形成し、安定的な生活を送れるようにしなければいけない時代を迎えたのです。
そのためにはなるべく早いうちから、資産形成のために少しずつでもいいので準備を行う必要があります。

 

安定的な生活を送りたい!!老後までにいくら必要?

誰もがみな安定的で安心な老後生活を送りたいと思っています。
その為にはどの位のお金が必要なのかという事を、知っておかねばなりません。
生活にいくらぐらい必要で、そのうち年金でいくらぐらいがカバーできて、足りない金額はどのくらいなのか将来の収入と支出を把握しておくことは非常に重要です。
足りない金額というのは現役世代のうちに資産形成など行い用意しておかねばなりません。

 

資産形成に有効な積立投資

資産形成を行うにあたり着実に利益を積み上げていかなくてはいけませんが、投資のプロでも容易な事ではありません。
「安い価格で購入し、高い価格で売却する」理想ではありますが、これが最も難しいのです。
投資初心者などは安値と分かっていても、ついついまだ安くなると思ってしまい、気が付いたら価格が上昇してしまったり、高値と分かっていてもまだまだ高くなれという願望もあり待っていると、気が付いたら安くなっていってしまい売り時を逃すという事が良くあります。
そんなことを繰り返し、投資意欲を失っていってしまいます。
そういった投資初心者におすすめなのが積み立て投資です。
投資商品には価格変動はつきもので、高くなった安くなったと一喜一憂し、その価格を正確に予想することは非常に困難です。
それを機械的に毎月決まった額で買い続けることで、価格変動に一喜一憂することなく続けることが出来ます。
経済が成長している間は株価も上がり続けます。
経済の成長と人口の増加も密接に関係しており、人口が増加すれば経済も成長します。
日本は人口が減少していますが、世界的に人口は増加し続けていますので、経済は成長し続けますし株価も上昇していくと予想されるので、短期的な価格変動に捉われない積立投資は有効な投資方法なのです。

 

ドルコスト平均法を利用した積立投資

ドルコスト平均法とは価格が変動する商品に対し、常に一定の金額で定期的に購入していく方法です。
購入金額を一定に保つことで、商品の価格が低い時の購入量は増え、商品の価格が高い時の商品の購入量は減ります。
全体の平均購入単価が平準化させる効果があり、長期的な資産形成に有効な方法と考えられています。
こういった投資手法である以上短期的な価格の上下は意味を持たず、長期的な視点で行うことが大切であると共に、一度に大きな利益を求めるような方には向いていない手法と言えます。
ドルコスト平均法は極力リスクを排除し、堅実に利益を出すことを目的にしている手法です。
しかし、堅実派手法であるとはいえリスクはあるので、確実に100%利益は出るというわけではありません。
投資にリスクはつきものですので、老後資金を長期的に形成していく方法として有効であることは間違いなく、これから始めようとお考えの方は検討してみてください。

 

ドルコスト平均法と手数料

積立投資は一括大量購入に比べ、手数料が掛かるから駄目だという意見をいう方がいますが、実際どうなのしょう。
確かに毎月決まった金額を買い続けるので、その都度手数料が掛かるのは間違いありません。
しかし、ドルコスト平均法の最大の魅力はリスクの低さです。
確かに手数料は掛かるかもしれませんが、その分リスクを減らし安全に資産を形成していくと考えれば良いのではないでしょうか。
投資に100%完璧な物などありません。メリット・デメリットは必ず存在します。
自身の投資目的と目標金額とを照らし合わせ、自身一番最適な投資手法を見つけていけばいいのではないでしょうか。
その中でドルコスト平均法は、投資初心者が堅実に老後資金などを形成すのに有効な方法の一つという事です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。