2018/06/20 最終更新日:2019/11/13

株で資産を形成するにはどうするか

株を購入し、資産(投資)を形成していくうえで重要になって来る事、またどの様な方法を行って資産というのを所持し続ければよいかを、調査しまとめたので下記に記述し紹介して行きたいと思います。

■いざ株を購入しようとする際の効率的になって来そうな手法

①買い始めは分からない事や不安が募って来るので割りと格安な方の銘柄を購入する
株の価値があまりにも値下がりして、赤字が出てしまっては後になり痛い目を見るので、1株の値段が割りと安い銘柄を探し出し、購入する「バリュー投資」を行ってみましょう。

②ロングスパンを見込んで、伸びていく期待が持てそうな、銘柄を購入する
長期的なスパンで見て、将来伸びていくのが待ち遠しいのを買う「グロース投資」を行う

③シンプルな増配で挙動を見せている銘柄を購入する
1株の価値(値段)が上がり下がりはあっても、最終的に増配をしている傾向の銘柄の株を購入するのも方法の一つです。

■増配が継続するのは今後も可能性は秘めているので所持したほうが良い

会社(企業)というのは、出来れば分配時に減配を避ける傾向です。反対に、企業が後の業績に対して自信をもって表されたものが増配となってきます。すると、単純明快に高いリスクを負ってまで、無知の銘柄の購入よりも、リスクが低くて、伸びしろを期待して得のある銘柄を購入し所持すると「増配するかも」と期待できる可能性が出てくるでしょう。

■株の値の動きは著しい

資産形成を考えた場合、預貯金に加え、数ある投資の中から何があるか考えた場合、古くからあり、運用に関する情報が数多く得られる株に行き着くことは、あるいみ正しい選択であるといえます。「日経平均額がどうなりました」など、1日のどこかでのニュースで必ずと言っていいほど1回は聞きなじみがあるでしょう。 

株という物自体が一度、上場さえしてしまうと上場廃止というまれな場合を除外視した時、株市場でどんな時でも売り買いできる様になっています。より安い時に買い、高くなると、売りに出して利益を得ようとするものですし、1株の配当や特別な優遇を楽しむこともでき、その優遇から新たな利益が出る場合もあるため、資産形成との相性は良いと考えていいでしょう。

ただし株での資金形成を考えた場合、株価の変動は常にチェックし、値動きの予測を的確にしていく必要はあります。資産形成を始めたばかりの株初心者にとっては、その負担は思いのほか大きいこと事実ですし、何より的確な判断を下すだけの知識や経験は、早々身につくものでもないことは理解する必要があります。

株の運用に関し、適切な判断やアドバイスを求める先があるということは、株での資産形成を確実なものとするためにもとても重要です。リスクキャリまでご相談にいただければ、資産形成に合わせた提案を提供させていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。