2018/09/05 最終更新日:2019/11/13

お金が勝手に増えてく!?~資産形成と資産運用を簡単に教えて!~

過去、日本では給料は安定して上がり続けていくことが当たり前の時代がありました。しかし、そんな安定の時代は終わり家計の収入も減少していく傾向が続いています。

収入は増えないのに、「税金と社会保険の負担はどんどん増え続ける…。」それなのに、人生において大きな出払をしなければならない時期がかならずやってくる。とくに、子供の入学費用や自分の定年退職後に、支出が収入を上回るなど危機的状況に陥る場合があります。

そうなっても慌てないように貯蓄だけに頼らずに「資産形成」をしつつ「資産運用」していかなければなりません。

■資産運用って何?

「資産運用」を簡単に言うと「お金に勝手にお金を増やしてもらうこと」です。皆さんは貰った貯金をどこに保存していますか? タンス貯金という方もいると思いますが、それだともったいないですし盗難の恐れもあります。

銀行に預金しておくと安心で、少しですが利息が付いてきます。また、普通預金でなく定期預金にすることで貰える利息は少し増えますし、さらに個人向け国債や投資信託、株式などにお金を配分すれば、預金の利息よりさらにお金が増える可能性があるのです。

このように、お金には「自分自身でお金を増やすことのできる能力」が備わっているのです。お金を眠らせておくのではなく、お金に働いてもらうことを「資産運用」といいます。

■資産形成って何?
資産形成とは資産をなにもない状態から積み上げていくことをいいます。なので「資産運用」する前の段階の状態です。資産がなければ運用することもできないので、資産形成の段階でしっかりと資産運用費を積み上げていくことが大切です。

■資産運用してみよう!

運用資金がたまり資産運用に慣れたら比較的リスクが少なく安定した収入が得られる、不動産投資をチャレンジしてみましょう!不動産投資では値上がり益を狙うこともできますが、安定した家賃収入を得られることが大きな魅力です。

また、投資用不動産を買う場合には銀行が融資をしてくれます。数百万円の自己融資で数千万円以上の物件を買うという「レバレッジ(てこ)」を効かせた投資が可能です。ですが、大家さんになるということは、賃貸経営者になるということ。良い物件や専門家を探し、しっかりと管理を行うなど経営者としての意識が必要です。

資産運用、不動産投資のことで専門家に相談したい方は、ぜひリスクキャリア株式会社までご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。