2018/09/06

【不動産投資】初心者の方へおすすめしたい物件の種類

これから不動産投資をお考えの方はどのような物件に投資しようかと迷うのではないでしょうか。住居が良いのか、オフィスが良いのか。又はマンションの一室が良いのか、アパートの一棟物件が良いのか…形態や用途が多岐に渡るので、それぞれ自分に合った不動産投資の選択肢が広がります。その中でも今回は初心者の方へおすすめしたい物件の種類をテーマに記事をすすめていきたいと思います。

■リスクの低い物件

不動産は大きな買い物です。では、自己資金をできるだけ抑えて不動産投資を行うならば、どのような物件を選べば良いのでしょう。物件選びのポイントをまとめてみました。

◎中古か新築か
中古物件に比べると新築の物件は一般的に価格が高くなってしまいます。自己資金が少ない場合は高額なローンを組んで物件を購入することになりますが、運用がうまくいかなければ返済できないリスクも新築の方が高くなると考えられます。

そのため、自己資金が少ない場合は中古物件を選びがちになりますが、中古物件でも築年数が経っていて老朽化の進んでいる物件を購入した場合リフォーム費用がかかることも念頭に入れておかなければいけません。

そのようなことから一概に中古物件が良いというわけではなく、自己資金でリフォームまでできる物件の範囲内か、自己資金を超えてもローンを組んで支払いができるような集客力のある物件を選ぶことが重要です。

◎格安物件での許容範囲
格安物件には何らかの問題がつきものです。そこを克服していかに収益物件につなげていけるかが不動産投資では重要といえるでしょう。しかし、物件の問題点にも許容できる範囲があります。なぜなら物件に集客力がないと不動産投資をした意味がなくなるからです。

リフォームで改善できる範囲や、家賃を抑える方法がとれればよいのですが、近隣に問題の対象となる施設があったり、交通の利便性で立地条件など致命的に不都合な物件は避けた方が良いでしょう。

■都市に近い物件

ローンを組んで不動産投資を行う場合は、収入を得られないリスク「空室リスク」を考えなえればいけません。そのためには物件選びが重要になってきます。アパートの一棟を投資物件として所有した場合と、マンションの一室を所有する場合でどちらが空室リスクを最小限に抑えることができるのでしょうか。

◎一棟投資では複数の戸数を貸し出すことができ、全戸が空室になるということは比較的少ないことから全く収入が得られないということはないでしょう。しかし、空室が目立つ物件でしたら返済するローンの額に達しないことも考えられます。多額の出資をして一棟投資する際の空室リスクは大きな痛手となります。

◎マンションの1室を購入し賃貸経営する区分投資では、一棟投資と比べると1室単位なので安い資金で不動産投資が始められますが、1室しか運用しないため空室になると即、収入が途絶えてしまいます。

このようなことから、どちらも都市に近いなど需要の多い地域を選び「空室リスク」を回避し不動産投資をすることが望まれます。

■まとめ

銀行預金よりも高い利率で資産を運用することができる不動産投資は、長期間に渡って収入を得ることができるメリットもあります。しかし、それは好条件の物件の種類を選ばなければいけません。その条件として「交通の利便性」「住環境の良さ」「建物の保存状態の良さ」が挙げられます。

これから不動産投資をされたいとお考えの方は、リスクキャリア株式会社がお手伝いさせていただきます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。