2018/12/06

資産形成ビジネスは【不動産投資】から一歩踏み出そう

「資産形成ビジネス」を知っていますか?資産形成は知っており、ビジネスも知っています。二つの組み合わせから何を導き出すのでしょうか。今回は,【不動産投資】から行う「資産形成ビジネス」について紹介していきましょう。

■資産形成ビジネス

資産形成ビジネスでは、自分の所有している資産が、お金を捻出することをビジネスとして捉えています。【不動産投資】から得ることのできる家賃収入や、配当利益や、投資株式の利益が資産形成ビジネスと呼ばれています。

情報を発信するSNSやツイッターも資産とみなされており、ユーチューバーなどは、その代表でしょう。基本的には何もしないでも、資産が独り歩きしてお金を生む行為が「資産形成ビジネス」とも言えます。

■労働集約ビジネス

サラリーマンを含めアルバイトやパートが時間による労働よって利益を生み出すことが「労働集約ビジネス」と言います。「労働集約ビジネス」には、時間による制限があります。つまり、資産の形成には、限界を作ることになります。

■資産形成と不動産投資

株式やFXは、市場からの情報や値動きによって専門的な知識と時間が要することになりますが、不動産投資は賃貸管理の運営に違いはあっても、ほとんどの場合はつきっきりで管理をすることはないのです。

安定した利回りを求めるには、【不動産投資】は、リスクが少なく景気の影響を受けにくい資産形成ビジネスと言えます。所有する資産である賃貸物件の管理は自分自身で行う場合や、管理会社に委託したりとオーナー自身が選ぶことができます。副業と考えるのであれば委託管理にまかせて、空いた時間を他のビジネスにあてることもできるでしょう。

■資産形成ビジネスを始める時期は

資産形成ビジネスの決め手は、資金の有無よりも開始する時期を重要としています。早く始めることが、資産形成ビジネスの成功を高めることになります。

給与所得が安定しているサラリーマンは、【不動産投資】への資金が不足していても金融機関からの借り入れが可能であり長期的な目標による投資金額の回収は比較的に確実となっています。

また、30代や40代に際しては、【不動産投資】への参入がしやすい時期となっており、老後に向けての資産作りや、賃貸経営での現金収入は、「資産形成ビジネス」を始めるにあたって有効な投資商品となっています。

資産を構築するには、「資産形成ビジネス」が適しており「労働集約ビジネス」は、一部のトップを除いては、収入面での限界を感じることでしょう。【不動産投資】からの第一歩は、リスクを考えた上でも安全に運用することが可能なので、「資産形成ビジネス」を始めるには良いと考えていいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。